商標登録をしないとどうなってしまうか

商標登録は、自分が物を販売する際にはとても重要な役割を持っています。
商標登録をしておかないと、思わぬトラブルに見舞われてしまったりすることもあります。
商標登録のやり方自体はそれほど難しい物ではないし、弁護士などがいなくても個人で行う事が出来るので、商売をする際には必ずする事をオススメします。

商標登録をしないとどうなるか

商標登録をしないと、自分の出した商品と同じようなデザイン、効能、製造方法といった類似品の発売を止める事が出来ないんです。
つまりは、真似し放題になってしまうというわけなのです。
せっかく自分が考えついたアイディアを人に掠め取られてしまっても文句が言えないし、それを法的に処分する事ができなくなってしまうのが商標登録をしないことによる大きなデメリットなのです。

自分の商売が出来なくなる

もう一つのリスクが、自分が商標登録をしないまま商売をしてしまいその商品を真似された挙句、その類似品が商標登録されてしまうという事があることです。
こうなると、どうなってしまうかというと先発で販売した自分の商品が類似品とみなされ、自分の商品を販売する事ができなくなってしまうんです。
なので、ただ真似されるだけではなく自分が考えついたのに自分が規制を受けてしまうということにならないためにも商標登録は必要なのです。

商標登録は法人だけではない

商売をするのは会社など法人だけ、というイメージがあったかもしれませんが、今はネットビジネスなどを行う事が出来るので、個人向けの商標登録も非常に身近になってきています。
特に、ネット起業などをする際にもたとえそれが小規模な物であっても後から権利を害されないために商標登録は必要不可欠です。

関連する記事