商標登録は何故重要なのか

商標登録は、手続き自体はそれほど大変ではありませんがそこそこお金はかかります。
ならば、何故この商標登録という物が必要なのかという事を疑問に思う人も居ると思います。
では、商標登録とはどんな意味や意義があるのかということについてを解説していきましょう。

商標登録は何故必要か

商標登録の一番の意味は、類似品の販売をさせないということなんです。
特に、商標登録をしていない物を販売した際に類似品などが販売されたとすると、元々買おうと思っていたものではないものが購買者が買ってしまう、というおそれがあるわけですね。
当然、類似品が売れても利益は自分には入らないわけですからその時点で既に損をしているわけです。
いわば、自分のアイディアに後から人がフリーライドしてしまえるということになってしまうので商標登録は重要なのです。

商標におけるトラブル

そして、もう一つ重要な意義がトラブルの防止です。
先ほども言ったとおり、商標登録をしておかないと後から類似品を発売する事ができるわけですが、この類似品に致命的な問題があった場合はどうなるでしょうか。
当然、その商品を販売した元に対して何らかの処分がくだされはしますが、類似品というのはイメージが引っ張られやすいですからね。
自分の商品までイメージダウンしてしまう、という危険性があるわけです。

商標登録は安全に商売をするのに必要

先ほども言ったとおり、類似品に問題があったりしてその悪評が触れ回った結果、関係ない自分の商品にまで悪いイメージがついてしまうこともあります。
商売におけるイメージ戦略は非常に重要な要素ですから、巻き込まれる形で悪いイメージがついてしまうと致命的な打撃になりかねませんからね。

関連する記事