商標登録の前に類似登録がないか確認

自分の作成したものに対する権利を持つためには、商標登録が必要になるのですが商標登録をする際には、当然ながら法的機関を通すことになりますので所定の手続きを踏む必要があります。
その際には、法的に定められたルールを遵守して行わなければ商標登録の出願は出来なくなってしまうのでよくルールを確認しましょう。

商標登録は早い方が優越する

商標登録は、要は後から同じ物を営利目的や宣伝目的、公的利用をする事が出来ないようにするための物です。
つまりは、自分が商標登録をしようとする物が先に誰かに商標登録されていた場合は、当然自分の商標登録は使う事が出来ないというわけです。
なので、商標登録の出願をする際には必ず先に誰かが同じものや同じ商標名、同じデザインのものを使っていないかという事を確認しなくてはいけません。

商標登録の確認

商標登録の確認をする際には、特許庁の電子図書館の商標検索を行うと簡単です。
様々な検索方法がありますが、商標の呼び方の称呼検索が一番使いやすく検索も利用しやすいですね。
こちらは、商標の呼び方をカタカナで入力してから商標、役務を指定する際の注意で自分が登録したいと思っている物の類似群からコード検索をすることで似ている呼び方などの物が表示されるようになっています。
似ている物がなければそのまま出願すれば大丈夫です。

似てる物があった場合

もしも、自分が登録しようとしている物と似ている物がすでに商標登録されてしまっている場合はもうどうしようもないのでデザインや商品自体を変化しましょう。
商標登録は、何をどうしても必ず先に登録されている人のものが優先されますので、自分の商標で上書きをという事は原則的には不可能です。

関連する記事